体育会系読書家日記

筋トレと読書を趣味とする大阪府河内長野市でべすと整体整骨院を営む院長のブログです♪

ある方から「読書」というのは「読む」ことと「書く」こと両方やってこそ読書だと言われブログを書き始めました。時代が変わると役に立たなくなるものではなく、時間軸が変わってもずっと必要になる「逆のものさし」を身につけていきたいです。

2014年01月

落ち着かない

いつも来られている患者様
いつもと違いなんかそわそわしている。
「どうしたの?」と聞いてみると、「少し前にエステに行ったんだけど化粧品を買わされてすごく高額だったから今更だけど返品出来るかな?」というお悩みだった。ご主人にも内緒でその日はたまたま銀行に行って現金があったため言われるがまま買ってしまったとのこと。お値段9万円だそうで。。70才を超える女性で今は普通の化粧品すら全然使っていない。「返品したいけどどこかでその人に会ったら悪いし」ということを仕切りに気にされていましたが「買って喜んでくれてなかったらエステの方も嬉しくないですよ」と言うと少し安心した顔をされていた。同じく事業主として買われた時にはお客様の同意をきちんと得て販売していることはよく分かる。だけど「高いもの買わされた」と後で思われるのはどちらにとっても大きなマイナスがある。気をつけないといけないですね。

手術をするべきか?

70代後半の患者様です。
股関節を曲げたり伸ばしたりする時に痛みが強くでる。
今行っている病院の先生に脊柱管狭窄症と股関節の軟骨が磨り減ってるから絶対に手術をしないといけないと病院に行くたびに言われる。本人は周りの人からの声も聞いて手術をしても痛みがとれなかったケースの話を聞いたことがある為にやりたくない。だけど何回も先生に言われてるうちにやっぱり手術しないといけないのかなって思う。けどやりたくない。この気持ちの繰り返しでひどく気持ちが暗くなる。痛みがあることを家族にも訴えると「危ないから歩いてはダメ」と言われる。本人は歩くのが好きなのでそれも苦痛になり、どんどんツラくなっていた。そこでしたアドバイス。
周りの人は親切心で色んな事を言ってくれている。だけど自分で考える頭があるから自分で決めよう。手術したくないならしない。歩きたいなら歩く。今の70代、80代の人は昔と違って若い人と同じ判断能力がある。自分で考えて自分で考えよう。◯◯さんが手術せずに歩きたいならそのつもりでうちはやっていくから。
プロフィール

ATSU

大阪河内長野市で整骨院を営む「商人」です。筋トレと読書が趣味の自称体育会系読書家です♪主客同一を心がけ「自分の身体はどうあるべきか?」という一つの問いを患者さんと一緒に考え共に成長していけるようなお店づくりを目指しています。

べすと整体整骨院公式サイト
http://www.best-seitaiseikotsu.com/
ギャラリー
  • 優秀なスタッフ
  • 河内長野駅より徒歩5分の整骨院
べすと公式フェイスブック
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
メンバーリスト
QRコード
QRコード
お問い合わせ
  • ライブドアブログ