70代後半の患者様です。
股関節を曲げたり伸ばしたりする時に痛みが強くでる。
今行っている病院の先生に脊柱管狭窄症と股関節の軟骨が磨り減ってるから絶対に手術をしないといけないと病院に行くたびに言われる。本人は周りの人からの声も聞いて手術をしても痛みがとれなかったケースの話を聞いたことがある為にやりたくない。だけど何回も先生に言われてるうちにやっぱり手術しないといけないのかなって思う。けどやりたくない。この気持ちの繰り返しでひどく気持ちが暗くなる。痛みがあることを家族にも訴えると「危ないから歩いてはダメ」と言われる。本人は歩くのが好きなのでそれも苦痛になり、どんどんツラくなっていた。そこでしたアドバイス。
周りの人は親切心で色んな事を言ってくれている。だけど自分で考える頭があるから自分で決めよう。手術したくないならしない。歩きたいなら歩く。今の70代、80代の人は昔と違って若い人と同じ判断能力がある。自分で考えて自分で考えよう。◯◯さんが手術せずに歩きたいならそのつもりでうちはやっていくから。